お金は大切だけど

わたしの周りでも婚活してる子はたくさんいるのですが、彼女たちが相手にイチバン求めてるのは
「経済力」らしいです。
自分もある程度稼げるような歳になって、せめて「自分よりは収入のいい人を」なんて思うのは
分からないでもないけれど、例えば気になる人がいたとしてその人が自分よりも収入が下だったら、
あきらめちゃうのかなぁ。

そう言えばある友達は、結婚紹介所で相手のプロフィールをチェックする時、最初に見るのが
収入の欄って言ってたような。
そして「この金額なら良し」って思ったら、初めて顔写真をチェックするんだそうです。

友達曰く「顔写真はあくまでも相手を確認するためにチェックするものであって、
たとえ相手が好みのタイプじゃなくてもとりあえずは会ってみる」んだそうです。

運良く相手も自分を気に入ってくれて、いざ会うことになった場合チェックするのは
相手の服装と時計、そして車。
この3点で「この人いいかも」って決めちゃうこともあるらしいです。

もちろんお金はあるに越したことはないけれど、そのせいで彼が傲慢だったりワガママだったり
したらかなりガッカリしちゃいますよね。
まあ、お金持ってて誠実で優しい人なんてそんなにゴロゴロいるとも思えませんが・・・。

「どうせ結婚したら旦那なんて家に寄り付かなくなるんだから、相手のお金使って自分も
楽しんだ方がいいじゃない」とは友達の意見ですが(笑)、それじゃなんで結婚するんでしょう?
彼女の考えていることは分かりません。

幸いわたしたちは共働きでお金には困ってないし、買いたいものが買えて食べたいものが
食べられるのでとても幸せです。
いくらお金がたくさんある夫婦でも、夫婦の仲が良くなかったら決して幸せな結婚生活とは
言えませんよねー。


【ブックマークサイト】

名古屋で脱毛

 

今、無性にお寿司が食べたい

カツ丼も好きだしカレーライスも好きだし、ハンバーグも好き。
好きなものを挙げればキリがないけれど、中でもやっぱり大好きなのは「お寿司」。

お寿司と言えば日本を代表する食べ物ですが、少なくともわたしの周りで「
お寿司キライ」なんて言う人はいません。

酢めしの上に生の魚の切り身を乗っけただけなのに(しかもそれをしょう油につけて食べるだけ
なのに)、なんであんなにおいしいんでしょう。
口に入れた瞬間、「あ〜おいしい・・・」ってうっとりしちゃうのは、
わたしだけでなないはずです。

ところで、お寿司の食べ方には順番があるそうですね。
わたしは普段回転寿司しか行かないので、好きなものだけを選んで食べちゃうのですが、
カウンターに職人さんがいるような正当派なお寿司屋さんでは「通の食べ方」を心がけたいもの。

それは「味の薄いものから濃いものへ進んでいく」食べ方。

最初はひらめやかんぱち・はまちなど口当たりの良いものからスタート、
その後マグロの赤身・中トロ・大トロ・サーモンの順に。
中盤は赤貝やホタテなどの貝類、大エビ・甘エビなどの甲殻類を食べ、
終盤にうにやいくらなどの軍艦もの。
そして玉子焼きで締めます。

こんなこと書いてたら、無性にお寿司が食べたくなってきました。
さっそく旦那さんを誘って、お寿司を食べに行こうっと♪

このページの先頭へ